2019年 比べてみよう2大コムローイ イーペンランナーインターナショナルとイーペンメーリム 

こんにちは。パトカーを追い越してスピード違反で捕まったボクです。

イーペンサンサーイのメインイベントは何といってもコムローイ上げですね。夜空をぼんやりしたオレンジ色で埋めるあのランタン上げです。

規模の大きさでは、新興宗教団体が主催する「イーペンランナーインターナショナル」とThai Tabiyokiという事業者が主催する「イーペンメーリム(正式名称:Chiangmai Sky’s Lanterns Festival in Northern Study Center)」の2択になります。

2017年は「イーペンランナーインターナショナル」、2018年は「イーペンメーリム」に参加しましたので、2つのフェスタの違いを書いておきます。ちなみに使われている写真は2018年「イーペンメーリム」の様子です。


どっちの規模が大きいでしょうか?

コムローイが一斉に上がっていく様子は圧巻です。やっぱり参加者が多い方が迫力あります。

そこで気になるのが規模ですね。「イーペンランナーインターナショナル」と「イーペンメーリム」、参加者が多いのはどちらでしょうか?

「イーペンランナーインターナショナル」2017年4000人 ➡ 2018年5000人

「イーペンメーリム」2017年3000人 ➡ 2018年4500人(私の推定) 

イーペンメーリムは5000席準備されていましたが、私が数えたところ500席程空席がありました。おそらく4500名前後の参加だと思います。

「イーペンランナインターナショナル」もそうですが、「イーペンメーリム」でも残ったコムローイはスタッフが上げます。なので「イーペンメーリム」も参加人数的には実質5000席埋まった事としていいかと思います。

ただし、準備されるコムローイは「イーペンランナーインターナショナル」は1人1個、「イーペンメーリム」は1人2個です。

つまり、「イーペンランナインターナショナル」は計5000個、「イーペンメーリム」は10000個上がることになります。

参加人数なら「イーペンランナーインターナショナル」が若干多く、上がるコムローイの数なら「イーペンメーリム」が圧倒的に多いということですね。


チケットの入手しやすさは?

チケットは「イーペンメーリム」が入手しやすいです。「イーペンランナーインターナショナル」は早めに完売しましたが、2018年「イーペンメーリム」は完売しませんでしたから。

私は事前に、写真にあるランベルツアーさんからインターネットで購入しました。集合場所の「MERCUR HOTEL」と会場の往復送迎付きで3900バーツ。2018年はランベルツアーさんが最安でした。ランベルツアーさんでの購入の決め手は、料金振り込み後にe-mailで届くバウチャーをプリントアウトし、現地受付(写真のブース)に直接持っていけばチケットと交換してもらえる点です。

タイのチケぴに相当する「Thai ticket major」でも購入できますが、こちらはバンコクの実店舗での発券が必要です。送迎なしでランベルツアーさんと同じ3900バーツ。わざわざThai ticket majorで購入するメリットが何一つありません。ランベルツアーさん、頑張っています!

もっと詳しいチケット購入先に関しては2018年のブログを参考にして頂ければと思います。


どっちが安全なの?

上の写真を見て何か感じますか?

前後左右の席の間隔と紙製コムローイの直径。そうですね、火だるまリスクです。

コムローイを上げるにはスペースがギチギチ。手元でコムローイが燃えてしまっても逃げるスペースが無く、消火する水もありません。実際に燃えるコムローイを10個前後見ました。

5mほど先の中国人のお兄さんは焼けたコムローイを離さず、火だるまになるかと思いました。服の素材によっては本当に大惨事になります。

私の背中にも火種が当たっていました。隣の人がそっと優しく、肩をトントンと叩いて教えてくれました。

有り難い事ではありますが、「緊迫してるんでしょ?もっと激しく教えてくれヨ!」と思いました。

そういう状況なので、子どもは連れて行かない方がいいです。

子どもが結構いるんです。パッと見100人とか↓↓

その点、「イーペンランナーインターナショナル」はスペースに余裕がありました。「イーペンメーリム」の会場、Northern study centerは敷地の関係でこれ以上のスペースが取れないと思います。

スペースの問題からくる火だるまリスクを考慮すれば、間違いなく「イーペンランナーインターナショナル」がベターです。特に子連れは「イーペンランナーインターナショナル」一択でいいです!


雰囲気はどう?

どちらもウェルカムな雰囲気です。

「イーペンランナーインターナショナル」は新興宗教団体主催なので、僧侶の出番が多いです。

「イーペンメーリム」は宗教と無関係な事業者主催なので、お祭り感覚です。下の写真のように催し物もあります。

出店も圧倒的に「イーペンメーリム」が多いです↓↓何を頂いても無料です。

 

厳かな雰囲気がよければ「イーペンランナーインターナショナル」、お祭り気分なら「イーペンメーリム」というところでしょうか。


コムローイ1個と2個の違い

 

コムローイ1個と2個では、コムローイを上げるペースが顕かに違います。

「イーペンランナーインターナショナル」は1人1個なので、2人で行くと計2個。余裕のペースですね。

「イーペンメーリム」は計4個上げるので、モノすごく忙しいです!

なるべくコムローイを同じタイミングで上げようと、司会者が「点火して。合図を待って。3・2・1ゴー」みたいなアナウンスをします。

「イーペンメーリム」はこのペースとても早くて、しかも大陸から来た声が大きいあの国の方々も多いので、皆の息が合うわけもなく各自バラバラの発射となります。ですが、計10000個も上がりますから、それはそれで見ごたえは十分です。

とにかく「イーペンメーリム」は点火タイムに突入した後は、ランチタイムのファミレスくらい忙しいって事です。


ロイクラトン(クラトン流し)はどっちもあるの?

ロイクラトン流しは残念ながら「イーペンランナーインターナショナル」にはありません。

「イーペンメーリム」には1人1個のロイクラトンが付いています。このロイクラトンは地元の子ども達が頑張って作っています。

丁寧に作っています。すごく時間がかかると思います。これをみんなで5000個、、本当に有り難かったです。

子どもたちに話しかけると笑って答えてくれます。写真は恥ずかしがって向こうを向いてしまいました。ほんといい子たちです。

このロイクラトン、今回の旅行で一番心が温かくなりました。


それで結局どっちがいいの?

どちらも行った私としてのアドバイスは、

とにかく心行くまでどんどんコムローイを上げたいなら「イーペンメーリム」。

厳かに1個1個を丁寧に上げたいのなら「イーペンランナーインターナショナル」。

ということでいいと思います。

ゆらゆら上がるコムローイが空を埋めるお祭り、どちらに行っても後悔しませんよ。

 

 リアル猫
僕的にはメーリムまでバイクで行ってコムローイをどんどん上げて、サクっとチェンマイに戻ってピン川から上がる単体コムローイをビール片手にのんびり眺めるってベスト。2019年の開催は11月11日~12日ですね。

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

リアル

【管理者】 既婚、子ども1人。仕事と育児の両立が人生のノルマ。 【経歴】 公立高校→私立大学→製薬会社→病院勤務 【性格】 温和な平和主義者。小学校の頃、一度だけ喧嘩をしてボコボコに。それ以来、人と争わなくなりました。近所のノラ猫マップを作っています。 【趣味】amazonで買った古本を読む。旅行を題材にした本が好みです。そして読み終わったらヤフオクで10円即決で売ってます。 ※ブログ名=この気持ちリアル?「経験した事を自分の言葉で書く」を信念に運営しています。