タイ国鉄フアランポーン駅のシャワーが快適になっているぞ

こんにちは。髪から爪先まで固形石鹸で洗っているボクです。

2018年5月、バンコクの終着駅、フアランポーン駅(クルンテープ駅)でシャワーを借りました。

2018年2月にもここでシャワーを借りた時は小汚いシャワールームでした。この3か月で全面的に改修され、とても快適になっていたのでレポートしますね。


そもそもフアランポーン駅って?

フアランポーン駅(Hua Lumpong railway station)はタイ国鉄の始発・終着駅です。日本でいう東京駅に相当します。

スワンナプーム国際空港からエアポートリンク(空港発着の電車)と地下鉄(MRT)でフアランポーン駅に着きます。フアランポーン駅からスワンナプーム空港に向かい、日本に帰国する方も多いかと思います。

フアランポーン駅からバンコク中華街まで徒歩10分、バンコク中華街の船着き場からローカル船でカオサンにも行けます。交通の要所ですね。


フアランポーン駅のどこにシャワーがあるの?

フアランポーン駅の中はカマボコ状のダダつ広いスペースになっています。

エアコンも効いてます。ボロいですがソファーもあります。多くの人はひんやりした床に直接座っています。

シャワーはこの一角、トイレに併設されています。トイレマークを探せばシャワールームにたどり着きます。

トイレとシャワールーム入り口です。入ってすぐ、番頭のおばさんがいますので、「シャワー」と言えばいいです。

この向かいに女性トイレもあります。恐らく、女性トイレにもシャワーがあるかと思いますが、確認は取っていません。


シャワーを使うにはどうするの?

シャワーを使うなら、おばさんに10バーツ(37円くらい)を払います。

50バーツでタオルも販売しています、高いです。タオルは持参した方がいいですね。

ちなみにトイレだけ利用する場合は3バーツ(10円くらい)払います。


シャワールームはどんな感じ?

シャワールームは3つあります。土曜日の17時くらいに借りましたが、1人待ちでした。5分程待って順番が回ってきました。

私のあとに来た人がいましたが、「急いでいるから」と順番を守らずにひょいと先に入ってしまいました。ひょっとしたら、「急いでいる人は先に入っていい」というルールがあるのかも知れません。

 

以前はボロボロの木製、掘っ建て作りのシャワールームでしたが、たいへんオシャレに改修されています。この駅に棲みたいくらい。

 

清潔感のある木材とコンクリートで作られていて、新品のシャワーヘッドもしっかり固定されています。水圧も充分です。お湯はでません。常温の水が出ます。

ですが、ゲストハウスとかドミトリーに宿泊するようなバックパッカー目線では、このシャワーは★3つレベルですよ。ゴージャスです。

 

そして何と、フック付き!これはびっくりです。タイでフックがついたドアを見たのは、ひょっとしたら初めてかもしれません。

写真左に掛かっている持参したS字フック、せっかくだから使っておきました。

 

これはピサヌローク駅のシャワー↑↑

タイ国鉄にはシャワーが使える駅は幾つかあります。ピサヌローク駅のシャワーとは随分な違いです、さすが首都バンコクの誇るフアランポーン駅です、感動しました

 リアル猫
中華街でシャワーを浴びたくなったら、フアランポーン駅に行けばいいですよ




ABOUTこの記事をかいた人

リアル

【管理者】 既婚、子ども1人。仕事と育児の両立が人生のノルマ。 【経歴】 公立高校→私立大学→製薬会社→病院勤務 【性格】 温和な平和主義者。小学校の頃、一度だけ喧嘩をしてボコボコに。それ以来、人と争わなくなりました。近所のノラ猫マップを作っています。 【趣味】amazonで買った古本を読む。旅行を題材にした本が好みです。そして読み終わったらヤフオクで10円即決で売ってます。 ※ブログ名=この気持ちリアル?「経験した事を自分の言葉で書く」を信念に運営しています。