タイ国鉄駅のシャワーなんて大したことないダロと思ってますか?それ当たってます

こんにちは。髪を自分で切ったら「バタ子さんみたい」と言われたボクです。

タイ国鉄の駅にはシャワーがあるんですよ。あまり知られていないと思いますけど。少し踏み込んだ発言をすると、タイ国鉄に乗る時点でもう既にマニアックですし、さらにシャワーがあるか調べている人もどうかしてると思います。

というわけで、今回タイ国鉄のピッサヌローク駅でシャワーを借りたのでレポートしますね。

 


タイ国鉄駅のシャワーについて

タイ国鉄の大きな駅にはシャワーがあります。だいたいトイレに併設されています。全ての駅にシャワーがある訳ではありませんよ。セレクトされた駅だけです。今まで、バンコク駅(クルンテープ駅)、チェンマイ駅、そして今回のピッサヌローク駅でシャワーに入った事があります。


ピッサヌローク駅のシャワールームはココ

ピッサヌローク駅のシャワールームはプラットホームのトイレに併設されています。場所が分からなければ駅員さんに聞けば「ホレそこ」と教えてもらえますよ。

入り口にオバサンが居ます。どの駅も同じですが、トイレ入り口に必ず鎮座していますね、番頭さんが。バンコク駅とチェンマイ駅はそれはそれは美人なお姉さんでした。ピッサヌロークは美人のお姉さんのお母さんみたいな方でした。どの駅でもトイレを借りると3バーツ~5バーツ掛かりますよね。シャワーは10バーツを番頭さんに支払います。

 


シャワールームはこんな感じ

受付のオバサンからキーを受け取って入ります。シャワールームは1か所です。南京錠を開けて入ります。南京錠が無いと、タイ人が遠慮なく入ってしまうんでしょうねきっと。でもタイの税金なので、別にタイ人なら無料で入ってもいいと思うんですが、そうもいきませんかね。

ちなみに隣りのドアを開けると洋式トイレです。トイレの中にシャワールームがきっちりと収まっているんですね。合理的かつアバウト。

そして、このドアを開けると↓↓

こんなはずはありませんね。実際はこう↓↓

黒いプラスチックタンクに突っ込まれたホースを上げるとこうなっています。↓↓

シャワーですね、紛れもなく。上の方のノブを回すと水が出ます。水です。お湯は出ませんので!気温が下がる季節なら朝夕は15℃くらいになりますので、入るなら昼間にした方がいいかもしれませんね。

そして、注意点がさらに1つ。シャワールームには、蚊がたくさんいます!

先ずは飛んでいる蚊をシャワーで攻撃して、蚊の戦闘力を落とした後に自分にシャワーを当てました。そして、バックなどは置くところがありませんので。荷物を引っ掛けるフックもありません。そこでS字フックの出番です。S字フックで荷物をドアに引っ掛けるといいですよ。

ここのシャワーは、水ハケはいいです。ゲストハウスのシャワーと同等レベルです。水圧も充分です。バンコク駅やチェンマイ駅のシャワーより清潔感がまだあります。ボクにはこの冷水シャワーで充分でした。

以上タイ国鉄駅にはシャワーがあるって話でした。最後まで読んでいただいて有難うございました。

 リアル猫
電車に乗るまでに汗をかいたら、駅シャワーでスッキリ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

リアル

【管理者】 既婚、子ども1人。仕事と育児の両立が人生のノルマ。 【経歴】 公立高校→私立大学→製薬会社→病院勤務 【性格】 温和な平和主義者。小学校の頃、一度だけ喧嘩をしてボコボコに。それ以来、人と争わなくなりました。近所のノラ猫マップを作っています。 【趣味】amazonで買った古本を読む。旅行を題材にした本が好みです。そして読み終わったらヤフオクで10円即決で売ってます。 ※ブログ名=この気持ちリアル?「経験した事を自分の言葉で書く」を信念に運営しています。